スポンサーリンク
その他

『青春の馬』『ソンナコトナイヨ』MV感想

@kyです
今回は『青春の馬・ソンナコトナイヨ』MV感想をテーマにお話していきます

『青春の馬』

日向坂46の4thシングル『ソンナコトナイヨ』カップリング曲、DASADA主題歌の
『青春の馬』の感想をお話ししていきます。

まず青春の馬がDASADAのテーマとなったのか、ソンナコトナイヨではないのかについては、曲の歌詞やメッセージ性を考えれば当然だなと感じました。

青春の馬は応援ソングです。

「ずっと先のことだ 今は何も考えず無我夢中 ひたすらまっすぐに目指すんだ」

歌詞の全文を見ていったとき、DASADAが大切なものを守るために、勇気をもって無謀な挑戦をしていくストーリーと歌詞がリンクすると思いました。

そしてこの曲がグループ自体のストーリーになぞられているのはMVを見れば明らかです。

メンバー全員が制服で走りだすシーン、メンバーが虹色に見える衣装で最後歩きだすシーン。おひさまなら何の衣装だかお分かりですね。
日向坂46が先の未来に向かって走り出している過程なんだということだと思います。

また、青春の馬とはグループ全体のことを指しており、走り出すのは誰かということではなく、みんなで歩みを進める、一つの馬となって真っすぐに駆けていくことを表わしています。

ソンナコトナイヨ

 

レコメンにてソンナコトナイヨの音源解禁時には「青春の馬のほうが良くない?」的な意見が多かったです。MV解禁で曲の印象もだいぶ変わったのではないでしょうか。

まず映像と合わせて見たときの印象としては、

疾走感のある春っぽい曲だなあと感じました。

最後のドローンを使ったカメラワークが日向坂46の勢いと春の新しい季節に向けて背中を押してくれるような曲になっていると思います。

青春の馬とソンナコトナイヨに共通する点として、応援ソングであるということです。

主人公が好きな相手の切りすぎた前髪に落ち込む姿に、どんな君でも好きだってことを伝えようとしています。

「どこにでもいるようなタイプなら こんなに好きにはなれないよ そう他にはいないから 君しかダメなんだ」

またグループとしては、独立改名して二年目を迎えようとしています。
卒業や不在メンバーもいる中、新しい季節と共に更なる飛躍を誓うグループを応援しているような気もします。

ファンが曲を聴いて何かに気づかされたり、元気や勇気をもらっているのと同時に、おそらくメンバー側もファンの応援なしでは頑張れない、先に進めないと思っていると思います。

4thシングル『ソンナコトナイヨ』を通して、より日向坂46を応援しようと感じるおひさまや、新規のおひさまが増えるといいなと思います。

4thシングル『ソンナコトナイヨ』『青春の馬』聞いてくださいね~♪
最後までお読みいただきありがとうございました!

▲▲購入はこちら▲▲

ABOUT ME
@ky
坂道グループをこよなく愛する20代男性です。 坂道を最近知った人も、オタクの人にも見てもらえるサイト運営を目指します。 宜しくお願い致します!
スポンサーリンク