スポンサーリンク
その他

卒業=つらいと捉えないでほしい

卒業の認識

@kyです
今回は『卒業』をテーマにお話していきます

まず皆さんは卒業についてどうお思いでしょうか。

今まで普通に見ていたメンバーが、ある日突然いなくなってしまいます。

ましてや推しメンが卒業するとしたら…

めちゃくちゃ辛い

ですよね。
当然だと思います。
でもなぜつらいのか考えたことがありますか?

ここでは『卒業への考え方』の一つとして、『卒業=つらいこと』と捉えないでほしいということをお伝えしていきます。

いやいや、なんで?

って思うでしょう。

なぜこう思うのか次でお話していきたいと思います。


『卒業=つらいこと』と捉えないでほしい。
私がこう思うのはもちろん理由があります。

芸能界からの卒業ではない


ということです。

もちろん、卒業後の進路は様々です。

一般人に戻り家庭を築く人や、やりたいことを探す人もいます。

しかし多くのメンバーが歌手や女優をはじめ、芸能活動を続けています。

推しメンが芸能活動を続けるのは喜ばしいこと

推しメンが芸能活動を続けるの
は喜ばしいこと

私もそうですが、推しメンが卒業してしまうと、心にぽっかりと穴が開いたように気力が抜けてしまいます。

私の場合、西野七瀬が卒業してしまった際はそうでした。

仕事やプライベートでも細かいミスをしてしまったり、どこか心ここにあらず状態で、周りから心配されたりしたものです。

でも卒業して一番つらいのは、

好きだった(推していた)ことを忘れてしまう
⇒素敵な思い出にならないこと

私はこう思います。

そもそもなぜこのような考えになったのかと言うと、

一般人に戻ることで、その人が今何をしているかわからない
⇒今幸せなのか?わからないうちにいずれ忘れてしまう

元欅坂46長濱ねるさんが良い例でしょう。

言うまでもなく、多くのファンに愛されて卒業されました。

しかし芸能界に残る選択をしなかったことで、ファンは「今何してるかな」と想像をするほかないのです。
そして目にする機会がなければ、いずれ忘れてしまう人もいるでしょう。

だから私の場合、西野七瀬さんをみてこう考えました。

「芸能界で活躍しているのを見れるだけで、自分は幸せなんだな」と。

卒業への認識の結論

結論

『卒業』そのものが『つらい』のではなく『グループ活動から離れる』こと。

進路によっては『芸能界から離れるため、目にすることもなくなる』ことがつらい。

『芸能界に残る』選択をしたメンバーを見れるのは喜ばしいこと。

長くなりましたが、私が伝えたいことはこんな感じです。

少しでも共感して頂ければ、心の持ちようも変わり冷静になれるかもしれませんね。

最後に…

とは言え、結局のところ

卒業って寂しいものですね。

ってことを改めて感じただけでした。

こう思っていますなんてそれっぽいことを言っても、これに尽きると思います。

グループは完成されたパズルのようなものです。

1つでもピースが欠けると、どんなにその穴を埋めようとしても埋まらないんですね。

でもピースが欠けていても動き出した車輪は止まりません。それがグループの強みでもあります。

「サヨナラに強くなれ」とは言いますが、強くはなれない気がします。
芸能界から離れてしまえばなおさらです。

口では送り出すとか、門出を祝うとか色々言っても、心の中ではその日が来なければいいと思ってしまいます。

まとまりが悪いですが、もしこの機会に悩み疲れ切ってしまった方が、少しでも心が軽くなってくれれば幸いです。

ABOUT ME
@ky
坂道グループをこよなく愛する20代男性です。 坂道を最近知った人も、オタクの人にも見てもらえるサイト運営を目指します。 宜しくお願い致します!
スポンサーリンク