スポンサーリンク
欅坂46

もはや伝説!?第一回過去ライブ振り返り

@kyです
今回は『もはや伝説!?第一回過去ライブ振り返り』をテーマにお話していきます

ここでは、@kyが過去に参戦した過去のライブを厳選してお話していこうと思います。目的としては、お家時間を楽しく過ごすために、楽しかった思い出を共有していきたいからです。

ごめんなさい、ホントは自己満です…。楽しかった頃を懐かしんでいるだけなんですよね

とは言え、同じく当時のライブに参戦された方が、この記事を読んでくださっている可能性も大いにあるので、大目に見ていただければと思います。ライブに参戦した方も、そうでない方にも想像で楽しんでいただけるように頑張ります。

最後までお付き合いください!

欅坂46初ワンマンライブin有明コロシアム(2016/12/24)

このライブは外せません!てちのセリフにはめちゃくちゃしびれました!

一発目の過去ライブ振り返りは、2016年12月24日・25日に有明コロシアムで行われた、欅坂46初のワンマンライブです。

このライブが行われた、2016年4月6日に欅坂46デビューシングル『サイレントマジョリティー』をリリースし、オリコン一位、当時の女性アーティストデビューシングル初週売り上げ歴代一位となる26万2000枚を記録。2ndシングル『世界には愛しかない』、3rdシングル『二人セゾン』では2.3作連続でオリコン一位を獲得。
新進気鋭のアイドルグループが、坂道の頂上へ駆け上がるためのスタートを切ったのが2016年でした。

この年を最高の形で締めくくるべく行われたのが、有明コロシアムで2days開催された欅坂46初ワンマンライブです。舞台は有明コロシアム。二人セゾンのMVで撮影された聖地が目と鼻の先にあることでも話題となりました。

ぼっち参戦の私は、入場開始2時間前に現地に到着。二人セゾンを聴きながら向かう有明コロシアムは乙なものです。会場の前にはたくさんの祝花が並び、気持ちが高まっていきます。

いよいよ会場へ入場し自分の席へ。すると…

おや…?ステージが全く見えないぞ…?ここの席で合ってるんだよな…?

そうなんです。実はこの席、ステージサイド席といって、メンバーが直接見えない位置に席が設けられているのです。
この席は、抽選や先着で席を取れなかった人のための救済席で、「ステージは見れないけど、生の音と臨場感を味わえる席」なんですよ。ここで疑問に思うのは、ライブを見ることはできないの?ってことですよね。真相は画像を見ていただければ分かります。

え、?画像を見ても分からないって?よ~く見てください。小さなモニターがありますね?そういうことです

なんと会場にいながらモニターを見る状況…。でも仕様がないことなんです。チケット争奪戦に敗れて、ようやく手に入れたチケットなので、良い席では決して無いことは。

見れるだけでも感謝しなければ!と気持ちを切り替え、いざ開演です!
以下ライブの印象に残っている場面を書いていきます。

初ワンマンライブ印象的な場面5つ!
  1. まずはoverture。気持ちを爆上げしてくれますし、ファンのボルテージ・熱気がすごい!
  2. @kyが一番印象に残っているシーン。『大人は信じてくれない』の最後に、平手友梨奈が「有明コロシアムかかってこい」の一言。惚れました。
  3. 今では見ることができない、ゆいちゃんずによる『渋谷川』。生歌が胸に響きます。
  4. そして『サイレントマジョリティー』。ライブの最後を飾るのはやはりこの曲ですね。圧巻でした。
  5. アンコールでは初披露の『W-KEYAKIZAKAの詩』。ライブの締め曲として、幸せな気持ちで終えられます。

ステージサイド席とか関係ないくらいに最高のライブでした。生音が耳に届くので、モニター越しでも臨場感が伝わってきました。ステージサイド席でも「来てよかったな」そう思わせてくれる欅坂46に感謝だな~と思ったのを覚えています。人生に潤いを与えてくれる存在に出会えて幸せだなと感じました。

最後に…

今回は第一回過去ライブ振り返りをお届けしました。自粛期間明けのライブが、より楽しみになっていただければ幸いです。近いうちに第二回の過去ライブ振り返りをやっていきますので、宜しくお願い致します!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
@ky
坂道グループをこよなく愛する20代男性です。 坂道を最近知った人も、オタクの人にも見てもらえるサイト運営を目指します。 宜しくお願い致します!
スポンサーリンク