スポンサーリンク
欅坂46

改名でどうなる!?新グループ誕生について思うこと

今回は『改名でどうなる!?新グループについて思うこと』をテーマにお話していきます

2020年7月16日の欅坂46初オンラインライブ『KEYAKIZAKA46 Live Online,But With You』が配信されました。

みなさんご存知の通り、欅坂46は約5年間のグループ活動に終止符を打ち、10月のラストライブを最後に活動を終了します。その後は未定ですが、新たに改名を実施しグループとして再スタートを切る予定との事です。

ここでは

  1. なぜ改名に至ったのか
  2. 改名でどうなるのか
  3. 改名後の予想

上記3点をテーマにお話していきます。

最後までお付き合いください!

なぜ改名に至ったのか

欅坂46初のオンラインライブ開催が発表され、その後間もなく公式HPにて、メンバーからみなさんへ重要なお知らせがあります、と告知され大きな話題となっていました。

ネット上ではブログの全員更新やライブロゴの意味を考察したり、改名や解散、9thの発売が発表されるなど様々な憶測が飛び交っていました。

そんな中メンバーそれぞれが空席を埋めるどころか、あまりあるパフォーマンスを披露したところに発表された、グループ活動の休止と改名。キャプテン菅井からファンに向けたメッセージに合った通り、グループ名が独り歩きし、目をそむけたくなるような報道があり、新たに再スタートを切るには、欅坂46としての活動に終止符を打つ必要があると、メンバーみんなで話し合った結果決めた事だと説明がありました。

素晴らしいパフォーマンスと共に、今後のグループ活動の決意表明となった初のオンラインライブは、9万人の視聴者に悲しみと混乱を与えたまま幕を閉じたのです。

では改名に至る経緯は説明に合った通りだとして、“なぜ改名する必要があった”のか。ここではいくつかの改名せざるを得ない理由について考察し説明していきます。

改名に至った3つの主な理由

改名に至った3つの主な理由
  1. “平手友梨奈”の残像を追わせないため
    ⇒欅坂46と言えば平手友梨奈のイメージの払拭を図る。
  2. “目を背けたくなるような報道”からの脱却
    ⇒元メンバーのような肩書を避けるため
  3. 新たな楽曲を発表した際に、従来のコンセプトやイメージとのギャップを防ぐため
    ⇒メッセージ性の強い楽曲を保ちつつ、今までとは方向性を変える楽曲を生み出したい

上記が改名する理由となります。
あくまでも予想の範疇であることは了承して頂きたいのですが、少なくともこれらの理由は改名に影響を与えたのではないかと思います。

まずは①の理由ですが、欅坂46と言えばセンターの平手友梨奈という、世間一般の印象を打破する必要があります。欅を連想した時に、一般的に曲のインパクトやダンスに印象付けられていると思いますが、これら全てが平手によって生み出されているような印象は拭いきれません。

メッセージ性を重視した楽曲を改名後も続けるのであれば、一度平手から卒業をしなくてはなりません。もちろん過去を否定するわけではなく、脱退卒業をしたメンバーありきで今があることを忘れる必要は全くありませんが、あくまでも“世間一般から見て”と言うイメージの打破のために平手の残像を消していく事が必要不可欠です。

次に②ですが、卒業後のメンバーの動向には全て“元欅坂の○○”といった報道がなされます。それを避ける意味でも改名が必要と判断したのではないかと思います。度々ネットニュースやSNSにて卒業メンバーの記事がアップされ、ファンからは「在籍しているメンバーのことを思いやる行動をしてほしい」と言った、意見が複数見受けられます。

良いニュースだけでなく悪評なども例外なく元メンバーと報道されるため、在籍しているメンバーの安全や風評被害から守るために改名を余儀なくされたと考えました。

次に③ですが、完全に予想ではありますが、メッセージ性を重視した従来の楽曲を保ちつつ、新たな方向性の楽曲に着手するのではないかと予想しています。

理由としては、これまでのセンターありきの楽曲制作というやり方ではなく、楽曲先行のセンター選出に変わると思ったからです。
どういうことかと言うと、今まではセンター平手を中心に、ティーンの心の叫びのようなものを体現してきました。これは平手の表現力があってなされるものであり、平手がいるから今までの曲があったと考えているからです。

併せて予想をしていくと、改名後はセンター固定ではなく、楽曲のイメージによって都度選出していくようになると考えています。その意味でセンターに立つメンバーよって、メッセージ性を重視した楽曲は変わらずに、方向性の違った楽曲が生み出されるのではないかと思います。

改名でどうなるのか

上記では改名に至った主な理由について述べましたが、では改名する事で今後どうなるのでしょうか。理由と重複する部分がありますが、下記にまとめていきます。

改名すると考え得る変化

改名すると考え得る変化
  1. 楽曲のコンセプトが変わる可能性あり
    ⇒大げさに言えば、今までの欅要素が一切ないグループになってもおかしくはない
  2. “欅坂46のイメージ”によって出来なかった仕事が出来るようになる
    ⇒クールさを売りにしていたグループゆえに、オファーのなかった仕事が増え幅が広がるかも

理由の部分で触れましたが、一からグループをスタートすることで、まだ“何色にも染まっていないグループ”として打ち出すことが出来ると思います。

ライブロゴに注目すると、4本坂に重なった色が“白”であることが分かります。
何色にも染まっていない、新しい坂を目指す色として白色なのではないでしょうか。真っ白であるがゆえに自由なキャンバスで描けるわけですから、楽曲のコンセプトが一新される可能性は否定できません。上記でメッセージ性を重視した楽曲は変わらずにと記述していますが、あくまで私の予想の範囲な訳で、予想が覆されるコンセプトでスタートする可能性も否定できないのです。

次に②ですが、楽曲やグループのイメージが変われば、タイアップされる仕事の幅が増える可能性があります。その点に需要があるのかどうかはさておき、従来では考えられなかった企業や業種とのコラボの可能性が広がったと考える事は出来そうです。

方向転換した先に需要はあるのか

改名によって一新されたグループには無限の可能性があります。上記で記述した通り、今までの世間一般的なイメージにはない、例えば可愛らしい楽曲やバリバリの元気ソングのような楽曲まで何でもできるわけです。

では改名するとはいえ“欅らしさ”を全く失ったグループに需要はあるのでしょうか。答えはNOです。断言したいと思います。

生まれ変わると言っても、別グループになるのではなく、らしさを残しつつ新たな可能性を模索していくはずです。良いところはブラッシュアップし、それだけではない新たな何かを身にまとう必要があります。

つまり改名でどうなるのかでまとめた内容は、新グループとなっても“相応しくない”と私は考えており、あくまでも目指すべきはパワーアップした欅坂46であることにあります。そのらしさを追求した事が、欅がヒットした理由にあると思いますし、改名後も失ってほしくないところかなと考えます。

改名後の予想と展望

ここまで改名に至った理由から、改名後どうなるのかをお話してきましたが、私の思う改名後の新グループがどうなるのか予想をするとこんな感じです。

基本路線は従来と変わらず。今まで以上にグループの結束が求められ、新たな色を見つけるべく試行錯誤していく

このままではいけないと考えた末に、新グループとなることを決断したこのグループの強みは『結束力』にあると思います。

そうでなければこれまでのグループ活動に終止符を打つという決断はできないからです。しかしこれまで以上に新たな色を見つけるべく、結束しまた挑戦することが求められます。

初めは試行錯誤の連続と予想され、欅坂46のままでいた方が良かったのではと思われてしまうかもしれません。しかし挑戦した先に再スタートを切って良かったと報われる日が来るはずです。今後グループを待つ険しい坂道を登りきることが出来るのか注目したいと思います。

最後に…

ここまでなぜ改名に至ったのか、改名後どうなるのか、改名後の予想と展望をお話してきました。私の考えを良い意味で覆すグループとなってほしいなと思います。

10月のラストライブまでは欅坂46であることに何ら変わりない訳ですし、改名後も応援していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ABOUT ME
@ky
坂道グループをこよなく愛する20代男性です。 坂道を最近知った人も、オタクの人にも見てもらえるサイト運営を目指します。 宜しくお願い致します!
スポンサーリンク